読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

JohnDoeOkinawa’s blog

沖縄にまつわるエトセトラをシニカルにぶった切っていきます…徐々にね

「沖縄という場所」と「沖縄の住民」のギャップ

長年、沖縄に腰を据えて活動してきた経験から言うと…

・沖縄は自然豊かで風光明美、リゾート地としての魅力は充分ある

・沖縄に住む人には、その価値が理解できていない

と感じるようなエピソードには事欠かなかった。

 

都会感覚で沖縄を眺めると

・米軍の集中している場所(政治的側面)

というのが現状最もフォーカスされがちだが、1972年の本土復帰からずっと「アメリカ極東基地の拠点」である事実は変わらず

「沖縄の人達と共に存在してきた」

というべき

(米軍による取り締まりは近年さらに厳しくなってきており、米兵による悪辣な犯罪は起きるリスクは低く、また、米軍があることによって得られる中央からの予算等、経済支援は他府県に類を見ないほど多額である事は言うまでもない)

 

しかしながら、沖縄県民は「なぜか?」お金に窮している(貧困とまで言うと語弊があるが)

なぜだろう?

 

観光資源に恵まれていることは先に述べた通り、それを生かせば(中央政府からの予算も他より多いのだから)、沖縄県の生産性はもっと高くていいはずだ

しかし、平均所得は「200万円/年/世帯」を横ばいのまま続けている。

 

さて、では「思いやり予算」とも呼ばれるジャブジャブのお金は一体どこに消えているのだろう?

 

タブロイド報じる「結局は紐付き予算、本土に還流する」という説は嘘ではない

が、本当にそれですべてが失われ、沖縄には一銭も落ちないものだろうか?…普通に考えればそれはありえない

(例えば建築関係、JVなり本土筋が親、県の企業は子から始まるのは確か。実際に活動するのは孫、ひ孫、玄孫というのは確かだとしても、実働している以上賃金は発生するし、つまりすべて本土に還流する訳ではない)

 

先に言っておくが、私は「沖縄という土地」が大好きである。

 

この表現で臭いを感じ取ることができると思うが…

経済的困窮は「沖縄の人達」に何か原因があるといえる。

別に差別するつもりは無いし、馬鹿にするつもりもない

しかし、確実にそう感じるのである

 

たとえば

沖縄の人に沖縄の良さを語ってもらうとする

と…観光ガイドに書かれている以上の何も出てこない

いや、出てくるものは、沖縄に永住するのでなければわからない事ばかり(ゆいまーる等)

沖縄に代々住んでいるのに「沖縄の価値をほとんど知らない」…と、思っていたが、それじゃあ他の沖縄を語っている言説と似たり寄ったりなので…

更に突っ込めば

・初めは占領軍のアメリカが開発したリゾートからこぼれる銭で普通以上の贅沢が出来

・返還後は(海洋博はポシャった企画なので黒歴史)、本土主導の観光誘致計画で…こぼれ銭でそこそこ楽できた

つまり、自助努力の必要なく不労所得にも似たお金を得られてきたせいで、努力することをやめてしまったのである。

 

きれいな海…それだけで観光資源だが、沖縄の人は滅多に海に近づかないから(※後述)+当たり前の風景だからその価値がわからない

価値がわからなければ生かしようがないのも当然といえば当然だが、本土からリゾート化目的で大企業が入って来ているのだから、どうやって付加価値付けをしているか?学ぶ機会はあった筈なのに…だ

(そもそも付加価値の概念が希薄というか異なる方向のモノに感じる…「(勝手に)出店を開く」とか、公共の場で「入場料を取る(未公認)」とか、「ちょっとそれってどうなの?」な事はあちこちで散見されるが…それすら気分次第であったりなかったり…)

 

重ねていうが、私は沖縄が大好きである。

そこには「土地に住む人」も当然含まれるのであるが、全員ではない…というか、悲しいかな非常に少数であるのが残念で仕方ない。

 

ではその他大勢はどうか?

・同じ沖縄県民で妬みあい、奪い合う

・「中央(政府)が悪い」と愚痴る(「基地を押し付けられて…」という類の妄言も同様)

 

自分で頑張って抜け出した人を妬み足を引っ張る…というのは、別に沖縄だけの話ではない、日本人の悪い特性だ

しかし、何の努力もせず不平不満ばかりで、実際には本土よりチャンスがゴロゴロ転がっているにもかかわらず、それを見つける努力も、掴もうとする野心もなくただ不満を愚痴っているのではどうしようもないではないか!

 

だから、似非(プロ)主義者にいいように利用されてしまう。そうやって自らを傷つけても、矛先は「政府が悪い」だ…この連鎖に救いはない。

 

不勉強な大資本が沖縄に入って…結局出ていく

「定石が通用しない」という言葉を残して

そう、沖縄は今なお特殊な文化が残っており、一般的な経済の通念が通用しない。

何を意味するか?

守られているのである。

大資本に蹂躙されないよう、近隣諸国から経済植民地化されぬよう守られている、これは「沖縄の人にしか出来ないことがある」という意味も内包している

のにである!それに気づかず生かすこともせず…それに対して哀しさを通り越し、憤りすら感じるわけである。

 

沖縄の観光資源は未だに「戦争被害」によるものが多い

島尻で「ひめゆり」に行けばよくわかる(車で通り過ぎるだけでもいい)

「悲しい歴史を忘れず、繰り返さぬように」とつくられた碑石の前では「赤や黄色の目を引くPOP」が並び土産物販売に力が入っている始末

(内地人なのにやたらと腹が立ったのを記憶している)

 

「もう、ダブルスタンダードはおしまいにしないとまずいんじゃないか?」…そう言っても多くの沖縄の人たちには響かない(ダブルスタンダード:被害者利権とリゾート利権)

90年代にバブルに浮かれていた人たちと同じ?この状況が終わることがないと思っているのだろうか?

 

現在、偏った大手報道で上手いこと情報誘導できているとしても、今後ネットメインで情報を得る事がスタンダードになればそのメッキはすぐに剥がれる(実際、すでに始まっている)。

 

絶対にないが、もし米軍全部隊が沖縄から撤退したらどうなるのか?

地政学的な話は置いとくとして(中国領になるとか)、どのように生産性を作り所得を得られるのか?…そのクリエイティビティを沖縄の人たちは鍛えておかなければいけないと思うこのごろである

 

というわけで、マルチまがい商法や地下金融が未だ大手を振っているのは沖縄だけ

あと、スピリチュアル詐欺も後を絶たない(というか、詐欺全般が増えている)のも沖縄

 

同胞同志で喰いあいし、本土から来た「自称沖縄に呼ばれた導師」が尻の毛までむしり取る…

 

これでは某「ちらしの裏」掲示板で「未開の民」扱いされても仕方ないのではないか?

 

そういう輩から沖縄を守り、代々沖縄に住んできた人たちに啓蒙することを諦めずに行っているが…

「基地反対!」とかプロ市民に乗せられてる場合じゃないよ!

本当に「自分の産土(生まれた土地)」を想うなら…

内包する毒を吐き、グローバル化せずに地産地消の本物を自分の言葉で言えるようになることではないかなぁ…

 

附則:

プロ市民以外の本物の左翼活動家が沖縄には居ます(当然プロ共と連帯などしていない)

彼らの方がよっぽど沖縄を大切に想い、夷敵排出のため人生懸けてます…まわりまわって左じゃなくて右(沖縄的に)なんですね(本来、右派や左派は情勢により流動的存在なので、これが本当の形なんだと勉強になりました)

 

海に行かない沖縄の人:

本当に沖縄の人たちって(若者は例外)海にほとんど行かない。泳いでる地元民は、ほぼ例外なく漁師(海人)

堤防付近でBBQ(ビーチパーリー)はよくやるけれども…そこまでが一般的な沖縄の方の海との接し方

風習によるもので「海の向こうは黄泉の国」というのがっ根っこにあるんでしょうね。

旧盆の3日間は海が見えるところにすら行かないですから…

とまぁ、こういうところが「似非宗教」や「スピリチュアル系詐欺」が入り込みやすい要因にもなっているんでしょう…先祖や霊を大切にする良い風習なのに、そういうウェットな部分を汚す奴らがいっちばん許せんのです!

 

インネンつけようと思えばいくらでも、語弊ありまくりな表現満載ですが、つけたければどうぞ

そこに未来はないですから…

このエントリを読んでくださる方が、真剣に生きることにエネルギー使ってくれる人であることに期待します

我が名の由来、告発の覚悟

いきなし、ニューストピックスからエントリ立ち上げてしまい…

「で、こいつ何者?」

となってるやら、歯牙にもかかっていないやらわかりませんが…

 

「JohnDoe」というのは、パナマ文書でご存知の方も多いと思いますが

・(主に軍事に於ける)正体不明者が名乗る呼称

です。

 

・存在しているのだけれど、身分を明かしたくない

・身分を明かしたところで、それが本当か?わからない

・目的あって情報をリークするが、個人を特定されては色々と問題がある

・とはいえ「匿名希望」では、情報の信憑性に欠ける

 

ここで発信していく内容は、足で稼いだ真実であり、噂話でも醜聞の類でもない…

だから、場合によってはリスキーだったりするわけです

 

でも、広く知ってもらいたい

『信じられないような事が実際に起きている』

という事を。

 

些末な事件であっても、絡み合った蔦のように…そしてその蔦は、光の届かない、一般には目に触れる事が無い所から伸びていたりします。

 

社会の裏側、光の当たらないところにまで繋がっていれば、表面上、些末な事件であっても「黒い意図」が大本にあったりする訳です

 

しかし、もうみなさんもお気づきの通り、権力者による情報操作は巧妙に行われ、核心に近づけばキレイに誘導されて「なんだ、都市伝説か」となってしまいます。

 

このブログで開示していく情報は

「信じるか?信じないか?は、あなた次第です」

ではありません

全て実体験(もしくは実体験した人から直接裏付けを持って聞き出したモノ)であり

「法の埒外の悪徳に傷つけられた人々の声」

をベースにしています。

 

見えている世界、メディアの情報は、総じて作為的に歪められ、真実を隠匿するように再構築されています。

「告発者」の諸先輩方に比べ、私はまだ駆け出しです。

ですので、諸先輩方の追っている事案を後追いする事はしません。

 

私の告発は体制に対してでも、大企業に対してでもなく(加えて、既存の組織犯罪、反社会勢力なども除外)

・法の外側で悪事を働き、個人(都合のいいカモ)を食い物にする輩共

に対するものです。

 

現在、手記に羅列されている事件被害者は皆、悲鳴すら上げられず、公権力に訴えても軽くあしらわれ、裁判を起こす事すら出来ないほど疲弊させられ…

そんな「巧妙な罠」にはめ込まれた人たちばかりです

 

私は正義の人ではありません

裁きを下す人間でもありません

 

生きた死者(JohnDoe)として、声にならない声を拾い、広く知らしめる…それだけです。

 

そして、その主戦場は東京ではありません

名前にある通り「沖縄」です(中央に絡めば東京にまで波及しますが)

楽園?リゾート?…いえ、沖縄はカオスの塊です

基地問題?左巻き勢力?…そんなパフォーマンスに興味はありません。

 

皆さんの知らない「沖縄」を知ってもらう事が出来れば、これまた嬉しい限りです。

 

長くなりましたが、よろしければたまに巡回してみてください。

不定期UPになりますので、そこんとこはよろしくお願いします。

美浜「アメリカンビレッジ観覧車事故」と、それににまつわるエトセトラ

観覧車停止 12人全員救助 北谷アメリカンビレッジ - 琉球新報 - 沖縄の新聞、地域のニュース

22日午後3時ごろ「北谷町美浜のアメリカンビレッジ内にある観覧車が停止し、ゴンドラ内に人が取り残された」との119番通報があった。三つのゴンドラに12人が取り残されていたが、ニライ消防本部が午後7時ごろまでに全員救助した。

 ニライ消防本部は、はしご車を使ってゴンドラ内に取り残された人を救助した。救助された人の中には小学生もいたという。ゴンドラが停止した原因は分かっていない。【琉球新報電子版】

 

さてさて、こりゃ大変な事故だなぁ…なんて思っていたわけですが

1.この真夏に、狭い密室に4時間も(しかも一番暑い時間帯に)閉じ込められた

2.大人なら「サウナ好き」な人も居るので耐えられなくもないだろうが、小学生も被害者の中に居た

なんか、パチンコ屋の駐車場で車内で密閉放置され、熱中症で亡くなった子供を思い出させますね…腹の奥の方ですごく嫌な感じがします

 

私も結構な沖縄フリークなので(10年来の)、メジャーな観光地は大体知っています

最近ではライカムのAEONモールとか…巨大なジャスコ(+テナントの集合体)なんですが…

やっぱアメリカなんですかね?「大きい事は良いことだ」的な何かを感じたりします(いや中国か?…とかいうと政治的なところまで風呂敷広げちゃいそうなのでヤメヤメ)

 

内地ならまだしも、台風の通り道になるこの島に「よく観覧車なんて作る気になりましたね?!」なんてうそぶいていたとかいないとか…(本気でそう思ってました。台風以外でも強風時や突発的な積乱雲系の雷様とか…割と痛い目に合っているみたいなのです、この観覧車は)

 

話し戻して

小学生がゴンドラという閉鎖空間、かつ、止まっちゃった…という事で「激蒸し」なところに4時間も閉じ込められたとなりゃ

「いい思い出ができたね!」じゃねーよ!って感じで、繊細な子供であればトラウマもんでしょう。

 

突風やら、雷様やら色んな自然の脅威にさらされるこの観覧車でしたが…

『止まってしまい、自力で脱出もできず、再開の目途がつかなかった』

(だから消防のレスキューが出動する事になった…と勝手に判断)

というまでの酷い事故の話は今まで聞いた事が無い。

 

管理会社でも変わったのかな?

変な言い回しになりますが「ハイリスク観覧車」なわけですから、一般の観覧車より「問題発生時対策マニュアル」はひときわ分厚かったのではないかしら?と…またまたかってに想像

作られて結構時間が経つ建物なので、その間に積み上げられたノウハウも独自のものがあったのは確実だと思います(直撃台風がぶち当たったこともあるでしょう…本当にハンパないですよ、あの破壊力は)

 

それでも今までずーっと、沖縄にある唯一の観覧車という事で自然の脅威と戦って来たはずで、トライ&エラーでトラブルシュートしてきたはずなんです

(そうでなきゃ、とっくに解体されて過去のものになってる筈)

 

なんていっても観光地ですから、資本や所有者も(盛者必衰の理よろしく)幾度も変わっていることは容易に想像できます。

経営センスが「出銭は徹底的に絞れ」とか「専門的なことはわからんから、専門会社にアウトソーシングしてしまえ」とか…まぁ内地では良くある話なので、沖縄は別!とは言い切れないでしょうね…

 

と言いますのも、この数年でアメリカンビレッジの建物内が閑散として(寂れた感じ?)ゴーストなんちゃら化してきているように感じた実体験がベースにあったりする訳でして…

「オーナー変わったのかな?」

とか

「店の経営が立ち行かないほど客足が減ったのかな?」

とか思って…

その延長で「観覧車の管理運営が変わったのかな?」という想像に結び付いたわけです

 

もひとつ、パッと見でわかる変化がありまして…

先ずはこちらをご覧ください↓

f:id:JohnDoeOkinawa:20160724005518j:plain

アメリカと言えばコカコーラ!異論は許さん!…と言わんばかりの

「観覧車ど真ん中の広告看板」です

 

「ずっと変わらなかった」事と、「絵的に凄くしっくりきてた」のでいつ、何があったのか?…いらぬ疑問を持ってしまうのですが

このセンター広告がいつの間にやら変わっていたんです

それがこちら↓

f:id:JohnDoeOkinawa:20160724005421j:plain

私の不勉強でしょうか?まったく見た事が無いんですが…どなたかご存知でしょうか?

 

少なくとも、大手日本企業や米国企業、はたまた、沖縄の企業のロゴではないと思われます(疑問に思うと徹底的に調べる性分なもので…)

 

・アメリカンビレッジ自体が廃れ気味

・観覧車自体はたまに止まったりはしてたけど、自力復旧(?)出来ないほどの運用支障をきたしていなかった

 

これらを

「もしかしたら、運営企業や管理会社が変わったせい?」

と思ったのはそういう訳です。

 

沖縄観光地で数本の指に入る、北谷の「アメリカンビレッジ」と、沖縄のランドマークともいえる唯一の「観覧車」

その一番目立つど真ん中にあった「世界が誇るコカコーラ社ロゴ」を外してまで、「で、誰?」というロゴ?に付け替えさせたのは…何者??

このマークの団体があの一帯の新しい持ち主さん?

(悪口じゃないですよ!…実際マジマジと見たんですけど…な~んか子供の落書きみたいだった(製作者様、怒らないでね!…いちパンピーの戯言ですから)…でも企業や団体ロゴというには洗練さを感じない代物だったのは確かです…だって、何を主張しているのか?、何を伝えたいのか?…モダンアート以上に不可解だったんだもん!)

 

なんだかしまいにゃ都市伝説っぽい話になってしまいましたが…(正体不明の団体があの一帯を牛耳ってる…的な)

 

でも、一体、アメリカンビレッジや観覧車に何が起きているのでしょうか?

次回、沖縄に行った時に、アメリカンビレッジの店子さんや、近所の事情通にでも聞き込みしてみようかな?と思っている次第です。

 

何はともあれ、事件に巻き込まれた子供にとって

「楽しい沖縄観光旅行」の筈が「密室サウナ状態での4時間という、一生モノのトラウマ」とならない事を心から願うばかりです。

あと…この事故が「管理面の問題」という、いわゆる「人災」でない事も祈るばかりです。

 

おまけ:

沖縄に観光客を増やそう!…という計画が…

USJ誘致白紙撤回」に続き、従来からある観光地で有り得ないトラブル起こすような有様じゃあねぇ…

観光誘致計画がダメになり、従来の観光地でトラブル起きれば…沖縄の人にとっては「客足減れば落ちる金も減って」で貧しくなるばかりだと思うんですけど

いらぬナイチャーの余計なお世話といったところでしょうか?

 

おあとが非常によろしく無いようで